Pages

つま先

靴のつま先削れていませんか?

靴の修理箇所で一番多いのはやっぱりかかとです。
で、その次に減りやすいのはつま先や、親指の付け根の下あたりのすり減りが多いと思います。

そうすると、ハーフラバーソールがお勧めなのですが、今回はつま先のみのお修理のご紹介。

靴によっては、つま先ばかり削れるなんて事ありませんか?
うっかりすると、靴のアッパー部分が削れてしまったりします。

こんな感じ。
わかりますか?右側がかなり薄くなっています。
今回はこういった場合につま先だけ革をあてて、修理する方法です。


底側から見ると上の写真。
下の写真で見ると、減っていた部分が同じ高さになっているのがわかります。

もともと革底の場合はやはり、革で足してあげると違和感なく仕上がります。
ただ、磨耗に強くするためには、同じ作業をゴムでしてあげると、より強くなります。
お好みでお選びください!

つま先革、1680円
つま先ゴム 1365円

ごそうだんください!!
女性の靴ももちろん同じ修理が可能ですよ!

シューオブ ライフ

0 件のコメント:

コメントを投稿

policy

policy

シューオブライフでは、パーソナルオーダーメイド修理をいたします。

そのパーソナルでオーダーメイドな修理とは、なんでしょうか?

それは、チェーン店のサービスの様ではなく、決して画一的な対応ではない、お一人お一人に対して、そのお客様のライフスタイルを前提に考え、それぞれの靴やバックの状態を、数あるお修理方法と修理パーツや素材から、最適なチョイスで最も良い状態に修理・補修する、

画一的ではない親切できめ細かい心の技術サービスなのです。


たとえ、大量生産をされたシューズであっても、それは履き慣れたお一人お一人にとって大事なパーソナルなシューズのはずです。

私たちは、この地域に暮らすお客様の生活をイメージし、お一人お一人との対話から、
その履きなれた くつ や使い慣れた バッグ にとって、可能な限りベストな状態な補修・保全をご案内することを使命としています。

それら くつ や バッグ に使われる皮革という素材は、動物の皮膚です。
その動物の皮膚である天然皮革は、お手入れをすることでとても長く使用することが出来ます。

使う事によって良くなっていく素材は、天然皮革以外にはあり得えません。
その様な天然皮革を身に付け、お手入れをし、丁寧に使用することは、この都市生活を物質的にも精神的にも満たしてくれます。

ぜひ、お持ちのくつやバッグを持って、シューオブライフにお越しください。
くつ やバッグ のお直しを通して、生活に中に何か新しい発見が出来る事と思います。 
どうぞ皆様のお越しを心からお待ち致しております。

Shoe of Life is a “lifestyle shop for shoe & bag care”. We are proudly providing enriched lifestyle through reparing your daily shoes and bags.
Even though your shoes may be made by mass-production, it must be your important personal shoes.
We are determined to guide you the best possible repair/maintenance for your lovely well-used bags and comfortable shoes after we carefully listen your story and imagine your life.
Materials used in your shoes & bags are animal skins.
These natural leathers can be used very long time by maintaining well.
Also natural leathers are only materials to get better by using it.
Your city life will be richer physically and mentally by wearing and caring these natural leathers.
Please check your shoes & bags and bring them to Shoe of Life!
You will discover something new in your life through reparing your shoes and bags.
We look forward seeing you soon.