Pages

靴のカカトを高くしたい!!

皆さんこんにちは。
梅雨入りしたとは思えない良いお天気が続きますね。
ありがたいです。


先日お休みを利用し、国立博物館のグレートジャーニー展を見てきました。

やはり、気になるのは、靴やバッグ、革製品に目が行きました(笑)。
砂漠で使っている革の水筒は中の水が染み出したりしないのかなぁ、と思ったのですが、やはり少しずつ染み出すそうです。
ですが、その結果、染み出した水が気化する際に熱が奪われ、中の水が熱くならないそうです。
ポリタンクの水は熱くなってしまい、とても飲めないそうです。
やっぱり、天然の素材である革、すごいですね。
感動しました。
確かに、革靴ならば通気性もありますが、ゴムの靴だと蒸れますよね。
きわめて実用的に生活の一部として革製品が使われていることに感動しました。
他にも防寒具としてのアザラシ皮の服や、人のミイラや干し首なども展示してありました。
ちょっと怖い話ですが、ミイラや干し首なども言ってみれば革ですから、腐敗しないよう、なめして保存していると思うと、本当にすごい技術だなと、感動しました。

さてさて、ちょっと余談が長くなりすぎました。
本当に良かったんです、グレートジャーニー展、もう少しで終わってしまうそうなので、気になる方はお早めに(笑)。


さてさてさて。
本題に。
今日は、こちらの靴。
最近多い、比較的ペッタンコに近い靴です。
こちらの靴のカカトが低すぎ、かえって疲れてしまうとの事。
最初はカカトに、同じくらいの厚みのゴムを付けて、倍くらいの高さにして欲しいとのご要望でした。
もともとこのくらいです。
そのまま、このカカトに、厚めのゴムを付けてしまうと。
こんな感じでカカトの後の方の部分に隙間が空いてしまうのが分かりますでしょうか?
これだと、ガタガタしてしまいます。
そこで、
こんな感じで靴のカカトの前のほうを薄く削っていきます。
そうすることで、ゴムを付けたときの、カカト後ろ側(写真の右のほう)のガタツキを軽減するようにします。

それでも、写真で分かるとおり、若干の隙間が空いています。
ですが、2枚上の写真に比べると、だいぶ隙間が小さくなりました。
今回は1センチ程度高くします。
上の写真の右側が元の高さ、左が高くした分です。

ちなみに。

さらに高くするとこんな感じになります。
もともと靴の作りが、高いカカトの木型を使っていないので、カカトからつま先にかけてのラインが真っ直ぐです。
今私の指がある辺りです。
本来、カカトが高い靴の場合
こちらのパンプスだと分かりやすいですが、指差しているぶぶんが真っ直ぐでなく、カーブしているのが分かります。
このカーブがないと
靴の地面につく部分が指差している辺り、かなり前のほうに来てしまいます。
それにたいして、もともと高いパンプスの場合。
きちんと、足の指の付け根のほうが地面に着くバランスになります。

上の写真のように、地面に着く部分が、あまり、つま先のほうになると、実際に足を入れて体重をかけると、当然靴がグニャリと曲がることになります。
靴のためにも、体の健康のためにもお勧めはしません。
そんなわけで、極端にカカトを高くすることはお勧めしません。
通常1センチ程度でしょうか。

ちなみに余談ですが。
逆に、高いかかとを低くするとこの写真のように、えらいことになります。
つま先が上がり、本来まがる部分が体重をかけることで、グッと伸びることになります。
なので、ヒールを低くするのも限界があります。
ですが、それはまた別のお話。


さて、ということで、
今回は1センチ高くする方向で落ち着きました。
実際のところ、1センチ高さが変わると、履き心地はかなり変わります。
いきなり極端な変更はしないほうが良いですよ、本当です。

今回のお修理ヒールアップ、2100円で行いました。
ちなみに、こちら婦人靴で1センチのゴムをカカトに足す方法です。
たとえば、紳士靴で、元もとのゴムを外し、革を積んで新しい、ゴムのヒールを付け直すと、4200円になったりします。
元のものをはずさなければ、そのまま積み上げて、2425円になったりします。
そのあたりは、材料や方法によって変わりますので、ご相談ください。

期間は1時間程度でしょうか。


話しが色々ぶれますが、上でもご紹介したとおり、極端な変更はお勧めしません。
ところが一度、男性のお客様でこんなことが。
いつもどおり、1センチ弱高くするなら問題ないかと思いますよ、お勧めしたところ。
『結婚式の2次会限定で、その2時間、背が高くしてください!!』とのこと。
それならば、健康被害があるとも思えないですし、2時間靴が壊れないように、もたせることは、できる気がしました(笑)。
それくらい、のっぴきならない事情でしたら、できる限りのお手伝いをさせていただきます!!

ぜひ、色々ご相談ください!
できる限りのお手伝いができればと考えております!
皆様のご来店お待ちしております!!!

シューオブ ライフ

0 件のコメント:

コメントを投稿

policy

policy

シューオブライフでは、パーソナルオーダーメイド修理をいたします。

そのパーソナルでオーダーメイドな修理とは、なんでしょうか?

それは、チェーン店のサービスの様ではなく、決して画一的な対応ではない、お一人お一人に対して、そのお客様のライフスタイルを前提に考え、それぞれの靴やバックの状態を、数あるお修理方法と修理パーツや素材から、最適なチョイスで最も良い状態に修理・補修する、

画一的ではない親切できめ細かい心の技術サービスなのです。


たとえ、大量生産をされたシューズであっても、それは履き慣れたお一人お一人にとって大事なパーソナルなシューズのはずです。

私たちは、この地域に暮らすお客様の生活をイメージし、お一人お一人との対話から、
その履きなれた くつ や使い慣れた バッグ にとって、可能な限りベストな状態な補修・保全をご案内することを使命としています。

それら くつ や バッグ に使われる皮革という素材は、動物の皮膚です。
その動物の皮膚である天然皮革は、お手入れをすることでとても長く使用することが出来ます。

使う事によって良くなっていく素材は、天然皮革以外にはあり得えません。
その様な天然皮革を身に付け、お手入れをし、丁寧に使用することは、この都市生活を物質的にも精神的にも満たしてくれます。

ぜひ、お持ちのくつやバッグを持って、シューオブライフにお越しください。
くつ やバッグ のお直しを通して、生活に中に何か新しい発見が出来る事と思います。 
どうぞ皆様のお越しを心からお待ち致しております。

Shoe of Life is a “lifestyle shop for shoe & bag care”. We are proudly providing enriched lifestyle through reparing your daily shoes and bags.
Even though your shoes may be made by mass-production, it must be your important personal shoes.
We are determined to guide you the best possible repair/maintenance for your lovely well-used bags and comfortable shoes after we carefully listen your story and imagine your life.
Materials used in your shoes & bags are animal skins.
These natural leathers can be used very long time by maintaining well.
Also natural leathers are only materials to get better by using it.
Your city life will be richer physically and mentally by wearing and caring these natural leathers.
Please check your shoes & bags and bring them to Shoe of Life!
You will discover something new in your life through reparing your shoes and bags.
We look forward seeing you soon.